[スポンサードリンク]
[スポンサードリンク]

【MonoGame】Windows7でのMonoGame環境構築

C#でWindows用のゲームを作ろうと思ったけれど、XNAは開発停止となったためどうしたものかなぁ・・といろいろ探していたら、
なにやら「MonoGame」というのが、XNAの資産もそのまま生かせつつクロスプラットフォームにも対応しているということだったので、試してみることにしました。


Windows7(64bit)での環境構築となります。

下準備

まずは、MonoGameをダウンロードして、インストール、プロジェクトを作成まで進めます。
  1. http://monogame.codeplex.com/からWindows用のインストーラーをダウンロード
  2. ダウンロードしたインストーラーを使ってインストール
  3. VisualStudioを起動してファイル⇒新規作成⇒新しいプロジェクトと選択
  4. 「インストールされたテンプレート」の「他の言語」を選択
  5. VisualC#を選択
  6. MonoGameを選択
  7. MonoGame Windows OpenGL Projectを選択
これでプロジェクトが作成できたかと思います。

プロジェクトの実行

プロジェクトを開いたら、あとは普通にビルドを通せば実行できると思いますが、いくつかエラーが出たりもしたので、以下メモです。

ビルドで何かエラーが出た

自分も出たのですが、なぜかVisualStudioを再起動後、もう一度ビルドをしたら通るようになってしまいました・・・。

ビルドしたら「SDL.dllが見つからない」と表示される

VisualStudioのソリューションエクスプローラーに「SDL.dll」と表示されている場合、そちらのショートカットを削除すると、ビルドが通るようになりました。

実行したらOpenAL関連で止まる

MonoGameをインストールしたときにOpenALのインストールにチェックをつけたような気がしたのですが、なにやら実行したらエラーが出ました。 DLLを入れないといけないようです。
  1. 「OpenAL32.dll」と「wrap_oal.dll」をネットで探してダウンロード
  2. 「C:¥Windows¥SysWOW64」に上記dllをコピー
  3. 再度プロジェクトを実行
以上でエラーが発生しなくなるはずです。 正常にビルドと実行ができれば、以下のような青背景のみのウィンドウが表示されます。
[スポンサードリンク]
コメントフォーム