[スポンサードリンク]
[スポンサードリンク]

【SINoALICE】ジョブストーリーまとめメモ

「SINoALICE(シノアリス)」のジョブストーリー一覧です。


  • 各ジョブごとにストーリーが描かれており、ジョブレベルを上げていくことでストーリーが解放されていきます。
  • ストーリー1はジョブ入手時に解放されます。
  • ストーリー2はレベル3、ストーリー3はレベル5、ストーリー4はレベル10にて解放されます。
【2017/08/07 更新】 ・『赤ずきん/ミンストレル』を新規追加 ・『赤ずきん/クラッシャー』『人魚姫/ブレイカー』『かぐや姫/パラディン』のストーリーの続きを追加 【2017/07/19 更新】 ・『かぐや姫/ブレイカー』『人魚姫/ガンナー』『人魚姫/ミンストレル』を新規追加 【2017/07/13 更新】 ・『アリス/パラディン』『いばら姫/ガンナー』『人魚姫/ブレイカー』を新規追加 ・『アリス/ブレイカー』『スノウホワイト/ブレイカー』のストーリーの続きを追加

アリス

アリス/ブレイカー
Story.1ある午後の昼下がり。アリスは草むらの中に不思議なウサギを見つけました。そのウサギは大きな時計を手に持ちながら「大変!大変!もう間に合わない!」と逃げていきました。
Story.2ウサギを追いかけてアリスは暗く深い穴に落ちました。その後、不思議な国でアリスは数々の試練を乗り越えます。それは、恐ろしくも楽しい、不思議な体験で……
Story.3気づくとアリスは現実世界に戻っていました。そこは暖かな昼下がり。なんの不自由もない世界。でも、アリスは何か不安です。何か物足りません。一体……何でしょうか?
Story.4平和と退屈……アリスは気づきました。自由である事は孤独を生みます。アリスは人生の「束縛」を望みました。そして再び、あの暗い穴へと向かっていったのです……
アリス/パラディン
Story.1カルテ:0231【所見】
一見普通の少女。報告にあった自傷行為も他者への攻撃行為も確認出来ず。鎮痛剤と安定剤を処方。
Story.2カルテ:0542【経過】
少女が深夜に意味不明の言葉を発している。看護師が怯えるので私が直接治療する事に(面倒だ)。
Story.3
Story.4
アリス/クレリック
Story.1自由(じゆう)
他者からの束縛を受けず、自分の心のままである事。また肉体的に制約が無い状態の事。「-を謳歌する」
Story.2夢(ゆめ)
睡眠中に見る一連の心象風景。現実ではない出来事を感じること。もしくは、将来実現させたい願望。「-を叶える」
Story.3快楽(かいらく)
肉体的・精神的に気持ちが良く、楽しいと感じる事。特に欲望を充足した際に得られる感情。「-にふける」
Story.4

スノウホワイト

スノウホワイト/ブレイカー
Story.1かくして王子の口づけによって永遠の眠りから目覚めたスノウホワイト。命乞いをする悪い女王を哀れにおもった彼女は、彼女の罪を許すとその場で告げます。
Story.2しかし女王はその時スノウに短剣を振りかざしました。身を挺してスノウを守ろうとする王子。そして無情にも女王の短刀は王子の胸を貫いてしまいました。
Story.3……気づくとスノウは白いドレスを血まみれにして立っていました。その手には女王の短刀が握られ、足元には冷たくなった王子と……女王の死体が転がっています。
Story.4スノウは泣き叫びます。許さない。許さない。これからは絶対許しはしない。私の「正義」によってこの世を正してゆくのだ……彼女の目には復讐の暗い炎がゆらめいていました。
スノウホワイト/クレリック
Story.1ライブラリに存在スル人物についての暫定報告
氏名:白雪姫/出身:ドイツ及びヨーロッパ
傾向:白は正義と潔癖を象徴スル一方、空虚を強く啓示スル。
Story.2出自:グリム童話集
兄ヤーコブと弟ウィンヘルムのグリム兄弟が収集編纂した童話。内容が異なるエーレンベルク稿が存在スル。
Story.3経過:スノウホワイトの美しさを妬んだ母により城を追われ七人の小人の家に身を寄せるも、それを見つけた母親により毒殺を計らレル。凶器は毒リンゴと推測さレル。
Story.4

シンデレラ

シンデレラ/ガンナー
Story.1頭を撃ち抜く。耳を撃ち抜く。目を撃ち抜く。腕を撃ち抜く。肩を撃ち抜く。頬を撃ち抜く。腕を撃ち抜く。足を撃ち抜く。鼻を撃ち抜く。脳を撃ち抜く。骨を撃ち抜く。肉を撃ち抜く。
Story.2親指を撃ち抜く。人差し指を撃ち抜く。中指を撃ち抜く。薬指を撃ち抜く。小指を撃ち抜く。父を撃ち抜く。母を撃ち抜く。姉を撃ち抜く。妹を撃ち抜く。弟を撃ち抜く。子供を撃ち抜く。
Story.3良心を撃ち抜く。偽善を撃ち抜く。善意を撃ち抜く。希望を撃ち抜く。未来を撃ち抜く。平和を撃ち抜く。幸福を撃ち抜く。平等を撃ち抜く。良心を撃ち抜く。愛情を撃ち抜く。
Story.4
シンデレラ/ソーサラー
Story.1それは美しさ故に疎まれ、文字通り灰を被って生きてきた娘。生きる為に矜持を捨て、継母と二人の姉に媚びへつらい、一人みすぼらしい服を着て、一人残飯を食べて生きてきた娘。
Story.2頼れるものなど誰もいない。雨風しのげる家に置いて貰えるだけで十分だと、心を偽り生きてきた娘。人でなく喋る肉だと足蹴にされて、殴られた美しの頬を醜く腫れあがらせた娘。
Story.3憐れで美しい娘こそ、魔法で助けるに値する。心が闇に飲まれる寸前に手を差し伸べて与えた奇跡にこそ、人々は称賛と畏怖を送るのだと魔法使いは密かに笑う。
Story.4

赤ずきん

赤ずきん/クラッシャー
Story.1「じゃあ、この手紙を忘れずに渡してきてね」お母さんから、ボクはお使いを頼まれた。森のむこうに住むおばあさんに届ける、パンとキイチゴのジャムと手紙を預かった。
Story.2「おばあさん、最近目が悪いみたいだけど、読めるかな?」
「大丈夫、まだまだ元気よ。それより、注意してほしいことがあるの」お母さんの顔がボクにぐっと近づいた。
Story.3お母さんの瞳の中にボクが映っている。少し笑顔のボクと少し不安そうなお母さんの顔を同時にみながら、ボクはお母さんの言葉をまっていた。「この赤い頭巾をかぶっていきなさい……」
Story.4「……母さんが子供のときも、おばあさんが子供のときもかぶっていたものなのよ」その頭巾は暖かく、お母さんの匂いがした。
ボクは嬉しくなる。それはどこか……血の匂いに似ていたから。
赤ずきん/ソーサラー
Story.1夜の獣は畏れられていた。それは、影となり森を駆け抜けるという。影は伸上り、幾重にも広がり、踊り、姿を変えながら常闇をつれてくる。そして黒き森がうまれる……
Story.2彼の地は森深く、豊かな木々の恵みに守られていた。森と共に生きる村人は、風をよく知る人々でもあった。風は影を運び、影は夜の獣と共にある。森のざわめきが風を知らせてくれた。
Story.3風を知れども、風は気まぐれ。夜の獣に森が吞まれたときには、赤い御色が守ってくれる。だから真っ赤な御色で我が身を包むよう、村の長は焚火の傍らで皆に語るのであった。
Story.4
赤ずきん/ミンストレル
Story.1赤いもの。
いちご、りんご、トマトにさくらんぼ。
Story.2赤いもの。
バラ、サルビア、ダイヤにアマリリス。
Story.3赤いもの。
唇、舌、肉と血。
Story.4

グレーテル

グレーテル/ブレイカー
Story.1森で迷子になった兄妹ヘンゼルとグレーテル。お菓子の家に迷い込んで魔女に食べられそうになりますが、兄妹は力を合わせて魔女を倒し、家に帰ることが出来ました。
Story.2家に帰った兄妹を待ち受けていたのは意地悪な両親でした。母親は金切り声をあげ、父親は棒で叩いてきます。兄妹は泣き叫んで逃げます。タスケテ、タスケテ、タスケテ、タスケテ。
Story.3気づくとグレーテルは一人で立っていました。血だらけの床には父親と母親と……見たこともない少女の死体。でもお兄ちゃんがいません。大好きなお兄ちゃんの、ヘンゼルが。
Story.4

いばら姫

いばら姫/クラッシャー
Story.1たった一人、年老いた魔法使いを祝いの場に呼ばなかったせいで、姫は不幸な呪いを受けた。「お前は15の年に糸車に指を刺されて命を落とすだろう」
Story.2そうして15の年、姫は呪いに罹ってしまう。他の魔法使いが「死ぬのではなく百年の眠りにつく」と祝いを告げたおかげで、命を落とす事は避けられたけど――
Story.3「でも、どうして百年だったのかしら?」眠りから覚めた姫は可愛らしく首を傾げる。「出来ればもう百年、いいえ千年ぐらいは眠り続けていたかったのに」
Story.4
いばら姫/ガンナー
Story.1綿菓子の雲がふんわりふわふわ。少しだけ千切ってチギッテ食べながらタベタノお空をゆっくりダレノ巡りましょうハラ。
Story.2綺麗キタナイな泉ケツエキで水遊び。少しぬるくてナマアタタカクテ気持ちがいいの。
Story.3空ライブラリにそびえる大きなお城ナイトメア。とんとん扉アタマを叩いてタタキワッテお招きにナカミガ預かりましょうコンニチハ。
Story.4
いばら姫/ソーサラー
Story.1その国には13人の魔法使いがいた。中でも一際力の強い魔法使いは、未来を見通す目を所持していた。その魔法使いの目に映ったのは、悲しい現実に見舞われる美しい姫の姿だった。
Story.2時同じくして、子に恵まれなかった王と王妃が一人の女児を授かった。美しく麗しく可愛らしいその赤子に、魔法使い達は祝福を与えねばならぬと話し合った。
Story.313人目の魔法使いは姫の未来を知るが故に、一番美しい時に死ねる祝福を与える事にした。しかし、それは12人の未来を知らぬ魔法使いによって拒否された。
Story.4

かぐや姫

かぐや姫/ブレイカー
Story.1今は昔、竹取りの翁といふ者ありけり。野山にまじりて竹を取りつつ、よろづの事に使いけり。その竹の中に、本光る竹一筋ありける。中に三寸ばかりになる人、いつ美しうて居たり。
Story.2連れ帰りし竹の姫、養うほどにすくすくと大きくなりまさる。三月ばかりなるほどに、よきほどなる人になりぬれば、髪上げなどして裳着す。
Story.3世界の男、貴なるも賤しきも「いかでこのかぐや姫を得てしがな、見てしがな」と、音に聞きめでて惑ふ。かぐや姫はそれを見て「あぢきなし」と呟きはべりき。
Story.4姫は尽くさるるより尽くせまほかりき。かしずかれるより、かしずこまほかりき。力づくでその身を奪われたかったのなり。「被虐」の姫は強き者を求め、今日も無理難題を突きつく……
かぐや姫/パラディン
Story.1証言1 村人
「かぐや姫?美しいとは聞いたが竹の中から生まれて3ヵ月程で大人になったんだろう?気味悪くて仕方ねぇや」
Story.2証言2 お爺さん
「あの子を見つけてから、自然と金銀が手に入るようになりましてな。おかげさまで、暮らしは大変楽になりましたわい」
Story.3証言3 お婆さん
「ええ、あの子は私どもの神様です。だからこそ、あの子をつまらぬ男になどやるものか……」
Story.4証言4 やんごとなき人
「アレは人ではない。その美しさは破滅への道標である。みな早う気付くのだ。身も心も貪り尽くされる前に……」
かぐや姫/クレリック
Story.1たけとりの―おきな『竹取の翁』
[名]竹を取り生計を立てる老人。かぐや姫を竹の中から見つけた。その後カラ、金銀財宝に恵まれるようになッタ。
Story.2かぐや―ひめ『かぐや姫』
[名]竹の中から見つかッタ赤子。なよ竹のかぐや姫。美しき容姿を持つ。多くの男性カラ求婚されるモ、難題を突き付ケ全てを断ル。
Story.3いじょう―たんじょうたん『異常誕生譚』
[名]通常とは異なル形態デ生まれる子供が出てくル話。かぐや姫は竹から生まレ、3ヵ月で成人シタ。
Story.4
かぐや姫/ソーサラー
Story.1深い緑の中。無数の竹が生えるその一画に、密かな光を放つものがあった。内側から光を放つそれは決して目を射るものではなく、ただ静かに相応しき者を待っているかのようであった。
Story.2竹の中に眠る赤子は夢を見る。何故このような場所にいるのか。我が身に何が起こったのか。まどろむ内に記憶は薄れ、青竹の匂いに全てが混じり消えていく。
Story.3穏やかな眠りの中で、竹の赤子は空を焦う。闇夜に浮かぶ黄金の月。静かに竹林を照らす冷たい光は、月への梯子のように真っ直ぐに空へと伸びている。
Story.4

ピノキオ

ピノキオ/クラッシャー
Story.1「おはよう、お父さん!」ピノキオが元気に挨拶すると、ゼペット爺さんは目を丸くして驚いた。「なんと!私の人形が、ピノキオが動いているぞ!」ピノキオはにこりと笑った。
Story.2「星の女神さまが命を与えてくれたんだ。良い子でいたら人間にしてくれるって!」ピノキオの言葉にゼペット爺さんは涙を流して喜んだ。「ああ、私の長年の望みが叶うのだね」
Story.3「ピノキオよ、神の祝福に感謝して清く正しく過ごしなさい。嘘をつかず正直に生きなさい。怠けずに、学校で一生懸命学びなさい。そうすればお前はきっと本物の人間になれるだろう」
Story.4
ピノキオ/ソーサラー
Story.1一人の老人がいた。老人は木を削り、ヤスリをかけ、関節を作り、服を着せ、一体の操り人形を作りだした。それは子供を持つことが叶わなかった、老いた人間の希望の形だった。
Story.2老人は願った。星々瞬く夜の空へと己が望みを囁いた。それはほんの戯れに過ぎない行為だったが、星の女神は聞き届けた。そうして一体の人形は仮初の命を与えられた。
Story.3何故、女神は願いを聞き届けたのか?それは神の気紛れか、あるいは何らかの啓示なのか。しかし老人には知る由もない。ただ木の人形に与えられた命に感謝し、正しくあれと願うだけ。
Story.4

人魚姫

人魚姫/ブレイカー
Story.1海の底のさらに底。静かな静かな珊瑚の森に、人魚の王様のお城がありました。王様の一番末の姫は好奇心が旺盛で、いつか人の世界を見てみたいと目を輝かせておりました。
Story.2ある夜、人魚姫は嵐に巻き込まれた人間の王子様を助けます。一目で恋に落ちた人魚姫。でもその正体故に気持ちを告げる事ができません。だから、人魚姫は人になる事を決意しました。
Story.3代償にその美しい声を差し出し、人の足を手に入れた人魚姫。歩く度に針が刺すような痛みに耐えながら、王子様の元へと急ぎます。けれど、王子様は別の娘に心を奪われていたのです。
Story.4王子を殺せば人魚に戻れたけれど、姫にはとてもできません。だってこの程度の悲しみでは、恋を失った時の涙では、とても満足できないのですから……
人魚姫/ガンナー
Story.1どうして忘れてしまったの?あなたを助けたのは私なのに。
どうして他の女を愛したの?あなたに口づけたのは私なのに。
どうして私じゃ駄目だったの?あなたの為に人になったのに。
Story.2憎いつらい苦しい痛い悲しい切ない。胸の中がぐちゃぐちゃで頭はとろけてしまいそう。恋ってこんなにつらいもの?恋ってこんなに悲しいもの?恋ってこんなに嫌なもの?恋って―――
Story.3恋って―――オイシイ。
Story.4
人魚姫/ミンストレル
Story.1ゆらゆら ゆらゆら 青の底
              泡となって 漂って
       世界の恋を 見守って
Story.2
Story.3
Story.4
[スポンサードリンク]
コメントフォーム