[スポンサードリンク]
[スポンサードリンク]

【Xamarin+MonoGame】ひにけにGDさん作WpfFontPipelineのフォントを変える

MonoGameやXNAで日本語表示をしたいと思ったら、誰でも一度は見たであろう、ひにけにGDさん「真・簡単(かもしれない)日本語表示」と、おのでらさんの「カスタムコンテンツプロセッサーを利用した高度な日本語表示を行う」。
今回は、その大元となる「WpfFontPipeline」を少し改造して、表示フォントを変更できるようにしようと思います。


基本的な日本語表示については、以下の2記事をご覧ください。 ここでは、おのでらさんの記事にあるMonoGame用の「WpfFontPipeline」に手を入れていきます。

フォントに関する項目を追加

「WpfFontDescriptionProcessor.cs」の197行目あたりにある以下コードを探します。 上記コードの下に以下コードを追加します。 このコードを追加することで、ContentPipelineに「FontName」の項目が追加されます。

フォント指定部分のコードを修正する

「WpfFontDescriptionProcessor.cs」の350行目あたりにある以下コードを探します。 上記コードを以下のように修正します。 「new FontFamily」の部分を「input.FontName」から「this.FontName」に変えるだけです。 この修正をすることで、ContentPipelineのFontNameに入力されたフォント名を参照するようになります。

ContentPipelineを確認

おのでらさんの記事の手順でDLLを作成して、ContentPipelineに反映すると、ContentPipeline上で「SpriteFont」を選択すると「Processor」の部分に、以下のようにFontNameが追加されます。 344 後は、描画したいフォント名を入力してContentPipeline上でビルドすればOKです。

存在しないフォントを指定した場合

以下のようなエラーが出ます、フォント名が間違っていないか確認してみてください。
error: Processor 'WpfFontDescriptionProcessor' had unexpected failure! System.InvalidOperationException: フォント"{0}"のGlyphTypeface生成に失敗しました。

追記

ここまで書いておいて、生成されたspritefontファイルをテキストエディタで開くと中に「FontName」があることに気付きました、泣きたい。
[スポンサードリンク]
コメントフォーム