[スポンサードリンク]
[スポンサードリンク]

【Xamarin.Android】java.lang.UnsupportedClassVersionErrorへの対処方法

Xamarin.Androidでビルド時に発生するエラー「java.lang.UnsupportedClassVersionError」への対処方法をまとめました。


全文は以下。 java.lang.UnsupportedClassVersionError: com/android/dx/command/Main : Unsupported major.minor version 52.0 Android JavaVMのアップデートを行った後で発生するようになったので、JDKのバージョンもあげればエラーはなくなるようです。

1:Javaのダウンロードページにアクセス

  • URLは以下です。
  • http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html

2:ダウンロードボタンをクリック

  • ダウンロードボタンは以下です。

3:ダウンロードするプロダクトを選択

  • 自身の環境に合うものをダウンロードしましょう。
  • 「Accept Livense Agreement」にチェックを入れないとダウンロードできないので注意。

4:インストーラーからインストール

5:VisualStudioのJDKロケーションを更新

  • 「ツール」⇒「オプション」⇒「Xamarin」
  • 「Java Development Kit Location」の「Change」をクリック
  • 「...」から、さきほどインストールしたJDKのパスを選択
    • 自分の場合「C:Program FilesJavajdk1.8.0_102」でした。
    • 「C:Program Files(x86)Java」の「jre」と間違えやすいので注意。
  • 「OK」を2回。
  • 「Java Development Kit Location」が先ほど選んだバージョンになっていることを確認。
  • 「OK」

6:VisualStudioを再起動

  • JDKロケーション変更後に再起動します。

7:ソリューションのクリーンとリビルド

  • 念のためクリーンとリビルドします。
  • エラーなくビルドが行えるはずです。
以上です、参考までに。 エラー一覧でダブルクリックしても、どこにも飛べないときの絶望感。
[スポンサードリンク]
コメントフォーム