[スポンサードリンク]
[スポンサードリンク]

【Xamarin+MonoGame】WindowsとAndroidで動作するLuaスクリプトの導入方法

VisualStudioでXamarin+MonoGameを使ったWindowsとAndroid向けのLuaスクリプトの導入方法をまとめます。


MonoGameでなくても利用可能です(自分がMonoGame環境なだけ) 過去記事で作成した共有プロジェクトを元に話を進めます。 NLuaを利用します。

NLuaをダウンロードしてくる

  • NLuaの公式サイトにアクセスします。
  • 以下赤枠部分をクリックしてWindows用とAndroid用のDLLをダウンロードします。
  • Windowsが64bitでもWin32をダウンロードしてください。
    • DropBoxのサイトに飛ばされるので「ダウンロード」をクリックします。
※クリックで拡大

DLLを実行フォルダにコピーする

Windows

  • ダウンロードした「NLua.Win32」を解凍します。
  • 解凍したファイル内の「net45」フォルダにある3つのファイルを以下フォルダにコピーします。
    • SharedProject1/Game1/lib/
    • フォルダがない場合は作成してください。

Android

  • ダウンロードした「NLua.Android」を解凍します。
  • 解凍したファイル内の2つのファイルを以下フォルダにコピーします。
    • SharedProject1/Game2/lib/
    • フォルダがない場合は作成してください。

プロジェクトに参照を追加する

Windows

  • [ソリューションエクスプローラー]から[Game1]プロジェクトの[参照]を右クリックします。
  • [参照の追加(R)]をクリックすると[参照マネージャー]が開きます。
  • [参照マネージャー]の左側メニューから[参照]をクリックして、右下の[参照]をクリックします。
  • さきほどファイルをコピーした以下フォルダに移動して[NLua.dll]を選択して[追加]をクリックします。
    • SharedProject1/Game1/lib/
追加されました。

Android

AndroidもWindowsと同じ手順です。 ファイルだけ違うので注意してください。 Androidで追加する参照は[SharedProject1/Game2/lib/]の[NLua.Android.dll]です。

実際の使い方

あとはコーディングしていくだけです。 詳しい使い方は他のサイト様でも資料は多いので割愛・・!

Windowsで[lua52.dll]が見つからないといわれる

NLua.dllは参照を追加したので、実行フォルダに勝手にコピーされるのですが [lua52.dll]だけは参照には追加できないためコピーがされません。 以下のフォルダに[lib]フォルダにある[lua52.dll]をコピーしてあげてください。 SharedProject1Game1inWindowsx86Debug 「ビルド後イベント」等で自動的にコピーするようにしておくと良いです。
[スポンサードリンク]
コメントフォーム